クラミジア治療にはクラビットが使用されることもある

クラミジアの治療は主に抗菌薬の投与で行います。
その治療薬のひとつにクラビットがあり、病院でクラミジアと診断された時に最初に処方されることも多い抗菌薬です。
クラビットは非常に有名な抗菌薬ですから聞いたことがある、もしくは飲んだことがあるという人も多いことでしょう。
クラビットはクラミジアの治療の他にも、肺炎や咽頭炎、腎盂腎炎などの尿路感染症など多くの感染症の治療に使われています。

専門的にはレボフロキサシン水和物を主成分にもつニューキノロン系という分類に含まれる抗菌薬で、カバーする菌の広さは比較的広く多くの菌に効果を発揮するといわれています。
そのため、色々な感染症の治療に使うことができるのです。

クラビットには錠剤の他に点滴や点眼液もあり、様々な領域で幅広く使われていることがわかります。
これ程までによく使われる理由のひとつは、副作用が少なく安全性が高いということです。
高齢者の肺炎に対してもよく使われることからも安全性の高さがうかがえます。
ただし、妊婦への投与に対する安全性は確立しておらず妊娠をしている場合には使用できないことになっていますのでこの点は注意が必要です。

また、クラビットの錠剤には250mgと500mgのふたつがあり、250mgの錠剤の場合は1日2回朝晩の内服が必要となります。
500mgの錠剤の場合は1日1回経口で内服すれば良いという服用方法であるため働きながら治療をする場合でも負担がそれ程大きくならずにすみます。
他の経口投与の抗菌薬は1日3回の服用を必要とするものが多く薬の飲み忘れが問題となることがありますが、クラビットであればその心配もあまりありません。
クラミジアの治療としてクラビットを内服する場合、治療期間は一週間程度とされていますので、抗菌薬の効果を十分に得るためにはこの期間飲み忘れがないように毎日確実に服用することが求められます。
さて、このクラビットは病院を受診せずに入手することは可能なのでしょうか。

クラビットやレボクインも通販で購入可能

クラビットに限らず全ての医薬品に言えることですが、できる限り病院で医師の診察を受けた上で処方してもらうのが望ましいです。
自宅で検査ができるキットなども販売されていますが、診断の正確性においては病院での検査には到底かないません。
しかし、仕事の都合やその他の事情でどうしても病院を受診することが難しいという場合には、クラビットもそのジェネリック医薬品であるレボクインも通販で販売されていますので、インターネットで購入することが可能です。

クラビットの薬価は決して安くありませんが、ジェネリック医薬品の場合は先発品に比べて安価で手に入り成分は同じです。
経済的な事情から少しでも安く治療をしたいという場合にはレボクインをはじめとしたジェネリック医薬品を購入するというのもひとつの手です。
ただし、いくら副作用が少なく安全性が高いと言っても医薬品ですので、自分で効果を判断したり漫然と飲み続けることは危険です。
必要に応じて適宜病院を受診して専門の先生に診察してもらうようにしましょう。
場合によっては、違う抗菌薬での治療が必要になったり、そもそも症状の原因がクラミジアではないという可能性もあるからです。

そして、当然ですが服用方法についてもしっかりと守り、決して自己流で内服することのないようにしましょう。
また、先に述べた通り妊娠をしている時には使用できないお薬ですから、病院を受診せずに内服する場合には飲み始める前にきちんと妊娠の可能性を否定したうえで服用するようにしなければなりません。
さらに、クラビットに限った話ではありませんが、通販サイトでは偽物が売られているケースもありますので、その点には十分注意し信頼できる販売元から購入することが必要です。