クラミジア治療に有効なジスロマックの紹介

性感染症のひとつであるクラミジアは、おりものの増加や排尿痛などの症状がありますが、人によっては症状がほとんど出ない場合もあります。
また放置しておくと1~2週間ぐらいで症状が治まるケースもありますが、細菌がいなくなって病気が治ったわけではなく、勘違いして性行為を行うと二次感染を引き起こす原因になります。
クラミジアを完全に治療するには、ジスロマックなどの抗生物質が効果的です。

ジスロマックはクラミジアの原因となる細菌の増殖を抑え、高濃度では殺菌する作用のある薬です。
基本的な服用方法は、1000mg~2000mgの錠剤を1回服用するだけです。
すると有効成分が血液中の白血球に取り込まれ、1~2週間ほどかけて継続的に殺菌効果を発揮します。
そのためたった1回の服用で約90%の患者が完治するとされており、便利さからも人気を集めている薬です。
もちろんクラミジア以外にも、同じ細菌が原因となる感染症の治療に幅広く利用されています。

クラミジアを治療するには、できるだけ大量の有効成分を体内に取り込むことが必要です。
ジスロマックは少しずつ長期間服用しても効果がないだけでなく、耐性菌を生む可能性があるので望ましくありません。
ただし胃腸が弱い方は2~3回に分けて飲むなど、服用方法を工夫する必要があります。
一般にクラミジアが完治するまでには3~4週間ほどかかるため、服用してから約1か月後に検査を行い、菌が発見されなければ治療は終わりです。

ジスロマックは副作用の少ない薬として知られていますが、下痢や吐き気を起こすことがあります。
特に胃腸の弱い方は軽度の下痢を起こすことがあり、重症になることはほとんどありませんが、場合によっては整腸剤などを服用して様子を見ます。
めったに見られない副作用としては、皮膚粘膜障害や血液成分異常、急性腎不全などが挙げられます。
もし大きな体の変調を感じたら、すぐに医師を受診してください。

ジスロマックは通販で購入することも可能

ジスロマックは処方薬なので、基本的には病院へ行って医師の診察を受けなければ買えません。
性感染症で病院へ行くのは他人の目が気になるし、お金も時間もかかるのでイヤだという方は多いでしょう。
特にクラミジアは、痛くて我慢できないといった症状が出ることは少ないので、治療を先延ばしにしてしまうケースが多いと言えます。
そのことが感染者を増加させる原因のひとつになっており、クラミジアは日本では最も多い性病とされています。

クラミジアそのものに危険性は少なくても、他の性感染症にかかりやすくなることが問題点のひとつです。
またパートナーとの間で病気をうつしあう、いわゆるピンポン感染が起きるケースも見られます。
どうしても病院へ行きたくない場合は、通販でジスロマックを購入することが可能です。
通常のドラッグストアでは購入できませんが、個人輸入代行業者の通販サイトでは、海外から輸入されたジスロマックを取り扱っています。

個人輸入を利用すれば、ジスロマックとまったく同じ有効成分が配合されたアジーというジェネリックも購入できます。
ジェネリックは先発薬と効能は同じで、価格ははるかに安いのが特徴です。
このアジーを通販で買っておいていつでも使えるようにしましょう
クラミジアに感染しているかどうかは、簡易検査キットを使って調べることが可能です。
このように通販を上手に利用すれば、自宅にいたまま性感染症を予防・治療することもできるでしょう。

クラミジアは風俗で感染することも多い病気ですが、そういう場所に縁がなくても、知らないうちにパートナーからうつされている可能性があります。
万が一の際に備えて、ジスロマックを常備しておけば安心です。
その際には個人輸入代行業者を活用して、時間と費用を節約するのもひとつの方法です。