HIV・エイズとはどんな病気?

HIVとはHuman Immunodeficiency Virusの略でヒト免疫不全ウイルスのことです。
人の身体を細菌やカビ、ウイルスなどの病原体から守る役割を果たしているTリンパ球やマクロファジー等に感染するとその細胞内で増殖し、そのことにより免疫機能に大切なこれらの細胞が体の中で段々と減少、結果普段は感染しないような様々な病気を発症することになります。
この状態をエイズ(AIDS AcquiredImmuno-DefeciencySyndrome)日本語では後天性免疫不全症候群と呼びます。
代表的な疾患がいくつか定められており、これらを発症した時点でエイズと診断されます。

HIVに感染すると血液や精液、膣分泌物、母乳にウイルスが含まれてきます。
涙や唾液、尿などの体液には感染させるだけの量のウイルスは含まれていません。
感染は腸管や膣、口腔内等の粘膜、血管に達するような皮膚の傷からの感染です。傷のない皮膚からは感染することはありません。
そのため主な感染経路は性的感染、血液感染、母子感染ということになります。

HIV感染で最も多いのは性行為による感染です。
女性は膣粘膜から、男性は性交によって生じる亀頭部の細かな傷から、アナルセックスでは腸管からの感染となります。
感染予防にはコンドーム等の使用が必要です。
HIVウイルス自体はとても弱いウイルスであり、感染の確率は0.1~1パーセント程度と低いものですが、感染すると命に係わる疾患であり安易な判断は禁物です。

血液感染で懸念されているのは注射器や注射針を共有しての麻薬注射等です。
また医療現場では針刺し事故が問題になっています。
もし誤ってHIV感染者に使用した注射針を刺した場合、2時間以内に抗HIV薬の予防内服によって感染の危険性を低下させることができます。

母子感染は生出時の産道感染、母乳哺育、胎内感染が考えられますが、各段階に応じて対処方法があり、それを徹底することで母子感染率はかなり低く抑えられています。

HIV・エイズは定期的な検査で発見することが大切

HIVウイルスに感染しないためには不特定の人と性的関係を持たないことが大切です。
また特定のパートナーに関しても互いに事前に検査を受けることが理想でしょう。HIV検査は保健所でも無料、匿名で受けることができます。

HIV検査の結果ですが、感染後すぐに検出できないのが現状です。
発症までの流れですが、感染するとHIVウイルスが急速に増殖するために感染者の50~90%の人に発熱や咽頭通、頭痛などインフルエンザの様な症状が出現しますが、症状は数週間で消失します。
その後無症候期に入るのですが、その期間は数年から10年に及ぶ人もありますが、短期間にエイズを発症する人もいます。
無症候気にもウイルスは増殖し続けており、Tリンパ球は減少していきます。

残念なことにエイズを発症して初めてHIVに感染していたことに気づく人も多いのです。
HIV感染後検査で抗体が検出できるのは1か月以上がかかります。
この間をウインドウピリオドと呼んでおり、この期間を短くするための検査方法も医療機関などでは実施されています。

エイズが発症して治療を受けないでいると予後は2~3年と言われています。
発症してからの治療もある程度効果はありますが、発症前からの治療に比べると明らかに劣ります。

治療は抗HIV薬によりウイルスの増加を抑え発症しないようにするという治療になります。
発症前の無症候期に感染が分かっていると定期的に医療機関を受診してフォローアップを行い、最適なタイミングで治療を始めることができます。

感染経路を考え、自分の行動に不安のある人は定期的な検査を受けることが大切です。
ヒト免疫不全ウイルスによる後天性免疫不全症候群は命を左右するとても恐ろしい病気です。
治療によってもウイルスを完全に排除することはできません。また治療を始めたらその治療は続けていかなくてはなりません。
感染する確率は低い感染症ですが、知識を持ち、予防することが大切です。また面倒がらないで検査を受けることも重要です。

発症までの流れを考え、発熱などインフルエンザのような症状があったなら、自分の行動を振り返ってみて、その2~6週間前(これはHIV感染後の急性期)にHIV感染の危険性がなかったかどうかを考える視点を持つことも大切です。